交通事故の不幸を避けるため
交通事故は、どんなに注意をしていても一定の確率で発生する不幸な出来事です。特に夜間はドライバーの視野が狭くなり、お散歩中の小さなペットに気付かない恐れもあります。

ペットの存在を分かり易くするために、ライトを身に着けたり、蛍光色のリードや衣類を着用したりする事も一案です。また、曲がり角では道路の端を歩き、急に自転車が飛び出して来る事を前提として行動してください。


人もペットも、交通事故に巻き込まれないようにする配慮が大切です。ペットは、自分で交通事故から身を守る事ができません。

交通事故に遭遇する確率を減らすのは、あなたの心掛け次第です。

これからペットとお出かけする際は、交通事故の不幸を避けるために防衛策を講じて十分注意をしてあげてください。