セラピードッグのお話し
先日、NHKの番組で神奈川県の病院で働くセラピードッグが紹介されていました。

大きな病院で多くの患者さんが病と闘っておられる環境の中、
高度に訓練を受けたセラピードッグが病室を回って患者さんたちを元気づけていました。

最初はセラピードッグの働きに懐疑的だった病院関係者も、患者さんたちの表情が明るくなり、
また会える日を楽しみにする小さな患者さんたちを目の前にして、その働きを認めざるを
得なくなったとのレポートでした。

大変な病気を抱えるお子さんが大手術を受ける際に、手術室の入り口までセラピードッグが
エスコートしていました。
普段は与えられた指示に忠実に行動するセラピードッグが、そのお子さんを心配してなのか、
その場を離れようとしない様子は感動ものでした。

化学的にも、人と犬が見つめ合い、そして触れ合う事に
より双方に愛情ホルモンのオキシトシンが分泌される事も
解明されているとの報告もありました。

ペットは、皆さん専属のセラピストです。

だから、ペットに癒されて・・・
そしてそのお返しに、優しい愛情を大いに注いで
あげてください。
そうすれば、お互いハッピーに暮らせます。